拝啓玉川徹様

玉川さんの以前からの御主張、
行政の権限で、「体育館の病院化」
大賛成です。
 
確か大阪の吉村知事が実行されたと承知しています。

現在どんな状況かは知りませんが、
立ち上げの際の苦労は尋常ではないとの報道は承知しています。

何が大変だったか、全国的規模でも医師看護士が集まらなかったとか、
我が国にルウーはいなかった。

実行には、医療資源の強制的再配置が絶対の必要条件だった訳です。

法律の問題か、憲法の問題かは知りません。

しかし法律は今でもその影さえありません。

結局、国民の意志、心情に問題があるようです。

例えば、病院は危機状況だから、先ずは、患者の数を減して欲しいという医療界。
第一優先でワクチンを接種しながら、
コロナは見ません、保健所にご連絡くださいというクリニックの多さ。
この国にルウーはいないと言う訳です。

須らく国家の基盤から考え直す必要があると思われます。

玉川さんはこの辺り、反対のご様子です。

しかし、良いとこどりだけで、性根がなければ、
事は、成らないと思います。

0002_20210809110601 0002_20210809110701

| | コメント (0)

拝啓モーニングショウ殿

コロナ感染の有無を検査により確認したうえで動くべきだとの昔からの御主張です。
どの程度の効果と、実行可能性を見込んでおられるのでしょう。

日々、動く人はおそらく人口の50%は超えるでしょう、
オリンピックは、毎日検査を必要とするという判断です、
1月で人口の15倍、15億超、何時まで続けられるでしよう?

そもそも検査とは、感染を確認し、治療に繋ぐものです。
他人の為でなく、自分の為に。
これは人間の習性でもあると思います。

検査だけで、感染が防げるという機序すら明らかにせず、
感染者の処遇も明らかにしない対策に、
どんな意味があるのか私には、未だ、全く、理解出来ないところです。

今は、検査はやろうと思えば誰でもできます。
某ドラグストアにはそんな広告も店頭表示されています。

世には、薬もクリニックの処方に任せず、薬局で購入し、
高価なサプリも自前で摂取する人は山ほどいます。

貴方方は、御主張のことを実行していますか?

実行していないとすれば、その理由は?

それこそが、日本人の感覚でしょう。

0007

| | コメント (0)

宮内庁長官代理

この度、オリンピックに関連して、陛下の御意図を憶測発言し、
世情に混乱を招いたこと、深謝致します。

軽率な発言が、あたかも 二、二六の決起将校の如き誤解まで生んだとしたら、
忸怩たる思いです。

時代錯誤と申されますな。
某TV局では、
「陛下は国民に寄り添われる」とのコメントがされました。

この後ろには、民主主義を理解しない「国民とは自分のことだ」言う
驕りがあることは明らかです。

また細かいことですが、放送中の僅か数分の間でも、
 発言は陛下了承の上なされた。
 内閣の許可のもと行われた。
 内閣はこの発言を止められなかった。 と

陛下の明示の御意図であり
政府もその正当性を認めざるを得なかった。

決定的なものは、発言の時期がもう少し早かったら、
オリンピック開催も危うかっただろう。

そういった数々の憶測が流れました。

このようにして、国民というものの間で、世論調査並みの政情が形成されていくことを
少々軽視していました。
「陛下はオリンピックに反対である」

あらためて申し上げます。
陛下は、寸毫も、政治には関与されません。
明治憲法下の暗黙の掟が、現憲法の下明文とされた
歴史的理由を十二分にご理解されておられるからです。

0004_20210625121701

| | コメント (0)

6月24日羽鳥モーニングショウ

問題解決の手順は

①問題の確認
②対策案の提案
③各案の利、不利
④不利に対する対策
⑤比較検討
⑥最適案の決定

そんな過程を踏むそうです。

コロナ専門家会議とはどの様な役割でしょう?
会議の認識している「問題」は、医学的な「防疫」 にあることはその提言の内容から明らかです。

これは、コロナを正確に問題として捉えているとは思えません。
経済活動の制限といった多くの自殺者迄生む社会的問題が見捨てられるからです。

政治は、問題を「人々の社会的生活の維持」と捉えているようです。
つまり「防疫」は②対策案の1提案に過ぎません。
専門家会議はその「不利」さえ提言出来ないでしょう。

問題の確認は極めて重要です。

世に責任を果たすことが殆ど出来ない専門家会議の立場を神聖化するかの田坂教授の提言は、
政治の場では全くピント外れです。

3つの提案
①専門家会議を独立させる--ーその提言は採用される必要はないと言われては、 意味不明です。

②会議の提案を採用しない場合はその理由を科学的に国民に説明する
 ーーー政治にとっては、1つの対策案に過ぎません、むしろその不利、対策を検討するため、
  専門家こそ  自らの提案を科学的に数値化すべきです。
 例えば、オリンピックは無観客が、リスクは最小ーーー
 ならば、そのリスクを科学的に定量化すべきです、1万人、50%とどう相違するのか。

③責任を取る。
 政治のトップは、自分の責任であると明言してます。
 でも、自動車や、飛行機事故の責任を、
 運航を容認した政治がどんな風に責任を果たすのか具体的には判りませんが―――?

田坂教授は原発事故の際、危機管理を担当されたそうです。
何方か言われてました、「最悪を考える」と言う様な人は、危機管理のプロではない。
言われてみれば、コロナの「最悪」をどの程度科学的根拠を以って説明できるのか良く解りません。

発音の違う菅総理は、
コントロールすべき原発のリスクは人知を超えると言って、
理由もなく、即刻、御前崎原発を止めました。

この世界に、原爆と言う兵器迄存在する現実にも関わらず、
多数の青年を、原子の世界から放逐しました。

 0003_20210624123801

| | コメント (0)

拝啓 羽鳥モーニングショウ

〇オリンピックの選手と言えど、全員善人ではない。
〇ワクチン打っていても、100%じゃない。
〇オリンピック期間、すべての戦争は停止されるという国際的約束により、
 世界に、たとえ一時でも安らぎを齎す。
(安らぎなら、酒場にも齎してほしい;羽鳥さん)
〇オリンピックは、パンデミック下では実施する前提になっていない(玉川さん)。
  ー ホント?ー

オリンピックで来日する人達は、
スポーツマンも、役員も、メディアも病原菌を持ち込むインヴェーダーですか?

繁華街で、徒党を組んで酒盛りする「日本」の若者の映像との落差は理解し難い程です。

緊急事態はオリンピックの始まる前の我が国の状態です。
先ず来日の選手にうつすことを心配するならともかく、
どうして彼らから我が国が被害を受けることばかりを心配するのでしょう?

昔より、人は、自然や人工のリスクと折り合いをつけて生活を営んできました。
皆さんは、この事実をもう少し切実に捉えてみるべきです。

100%の安全どころか、
安心とか言う計算不能の基準まで持ち込んでは、日々の営みは続けられないと思いますがーーー

だから、人は、宗教を発明しました。

あきらめ、諦め、明らめ です。

私は、判らないことは、決定する立場のプロに任して、
 あきらめます。
  来賓のドクターを含めて、あなた方をアマ扱いして申し訳ないですがーー

しかし、貴方方が、何を納得できないのか、分かる様な気がしないでもありません。

 オリンピックとは、そも、何ぞや?

菅総理の子供の頃の感激も、今一だし
停戦の安らぎも、酒場の安らぎ並みだし

そう、比較するオリンピックがそもそも理解できないんです。

 だから、分からない私は、決定する権限に任せます。

王権も、世にある権限は、須らく、神の付与されたものなり。
これに従うべし。

多分、パウロの言葉です。

0005_20210622115901

 

| | コメント (0)

オリンピックの意味

党首討論

予想通り出ましたね 
 「今のコロナの状況、オリンピックの意味は何か?」

 今迄、オリンピックの意味ナンゾ考えたこともない方々が「小賢しい」と言うんです。

 「この雨の中、オリンピックにどんな意味があるのか?」
 どこか違います?

菅総理のオリンピックの意味は、コロナだろうが、雨が降ろうが、風が吹こうが、
「子供のころの感激」だそうです。

オリンピックの意味はもっと高邁なものもあるかも知れません、
多分、オリンピック憲章とかに書いてあることでしょう。

でも、意味がどうであろうと、出来ない時は出来ないと思いすヨ

たとい雨だろうと、日本が沈没するような状況なら無理でしょう。

オリンピックで世界中から人が集まれば罹患者は増えるでしょう、

問題は、それが一体いくらのモンじゃと言う、
今、生活してる人間の常識です。

さりながら、オリンピックの意味は変わりません。

意味が問題なら、
「歴史を忘れ、金まみれのオリンピックの意味とは何ぞや」と、
そっちの方で議論すれば良い。

0m4a9726s1

| | コメント (0)

週刊現代 認知症で口座凍結

P1020272

週刊現代 6月12.19日号

 ”口座凍結、銀行が教えない「おカネの下ろし方」”

恐ろしげな吊るし広告に つい購入。520円。
内容は広告以上にスザマシイ。

60代の御主人が脳梗塞で認知症になった途端、銀行は口座凍結。
奥様は日常の生活費もままならず、御子息にお金を貰ってるそうです。
この状況、御主人の相続まで続くそうです。
平均寿命80、この後、気の遠くなるような日常が続く訳です。

最も注意すべきは、
窓口で怪しまれないこと。
オカシイと思われた途端、別室で、行員のテストを受け、
ソイツの診断で、「認知症」→「口座凍結」だとかーーー

高齢者の五人に一人が認知症とも言われる現状、
医師の関与もなく、こんなことが行われているとしたら、
銀行だって商売に差し障るでしょうし、
第一、医師法か、診療法か知らないが、「違法行為」でしょう。

週刊現代に電話しました。
編集部の回答は、曖昧でしたが、「心配なら銀行に聞け」と言う事で、
週刊現代も名指ししている「三井住友」に尋ねました、

「そんなことは全くありません。ご心配なく」が回答。

火の無いところに煙どころか 放火したのか?
イヤイヤ、これこそ週刊現代が調べ上げた、「銀行が教えない」事実なのか?

年寄りは、ゲニ、心配の種は尽きません。

皆さん、
ご心配なら、
掛かり付けの銀行に確認されるが宜しいかもーー

週刊現代って、講談社だったんですネ

| | コメント (0)

オリンピック中止論

池江璃花子選手のSNSに
オリンピック出場を辞退してほしいとか、開催に反対の声をあげてほしいとか書き込みがあったとか、

さすがにこれは<筋違い>の声が多いようです。

池江選手は自分の置かれた環境の中で、己の果たすべきことを誠実に続けている人ですから、
当然の反応だと思います。

翻って、池江選手だけには筋違いでしょうか?

橋本聖子さんやJOCの関係者には、
中止すべきだとか、
500人の医師を要請するとは非常識で無責任(6CH 1930)、
ある番組では、<最小限の規模>を決定したうえで最小限の医師を要請しないとは失礼であるとか、
ご自分で何を言ってるか解かっているのかと思うようなことを平気で放言するバカまで現れる。

この人達も池江選手と同様与えられたミッションを誠実に果たそうとしている人達です。
最善を目指し次善を探す努力を重ねていることでしょう。

ぎりぎりまで粘って、どんなスケールでもできないと分かれば、中止と言う判断に至るかもしれません。

どの程度の条件を承知してるかも知りもしない外野がそこらで聞きかじっただけの情報に、
断言できるどれだけの根拠があるのか、
奇妙です。

せめて、「中止をためらわないでーーー」くらいだと思いますよ。

池江選手は、気持ちはわかるが、自分にはそのような声を上げる立場にない。
与えられた条件の中でベストを尽くすと書いたそうです。
そして、それが日本が元気になる道だとーーー。

我が国のメディア、評論家とか言う方々は、この程度の常識も性根もないですか?

多分、池江選手ほども戦ったこともない、一世紀近くもヌルマ湯につかり続けたせいでしょう。

情けない!

0002_20210509122501

| | コメント (0)

4月9日羽鳥モーニングショウ(精神主義的検査万能論)

連日のコロナ放送。

何とも理解できないのは、 
 皆さん、一様に「(私がかねがね言ってる様に)政府は何もしない」と言う言い様です。
 
政府とは何でしょう?
 内閣、お役所、
 専門者会議は? 国会は?
 
 それぞれ機能も行動も違います。
 この人たちは、ホントに、それぞれ、何もしてないんですか?

貴方たちに見えないのは、只単に、貴方達の視野の範囲での考えと違ってるだけじゃないですか?

そして、その視野の範囲内でも、政府が間違っていて、貴方たちが正しいとする根拠は何でしょう?

ところで、(私がかねがね言ってる)という貴方がたは、一体何者でしょう?

国民の代表ですか?
事実を知らしめるとも言っておられるようです。
それとも、正義に燃えるオジサマ?

ついでですが、米軍の行動方針決定の手順は、
最終段階で、重ねて(目的に対する)適当性、実行可能性、(支払う努力比での)妥当性の評価が行われるそうです。

貴方方の提案は、もしかしたら わが国の現状に鑑み、
これらの評価に堪え得ないものではないかという思いは 爪の先ほども ありませんか?

 私には、精神主義的検査万能論は、適当性にすら値しないように思いますがーーー

 検査の続き「隔離」の必要性は認めておられるようですが、

現実は、防疫に無関係とは思えない医師会でさえ、「患者が多すぎて対応できない。感染者を少なくしてくれ!」
と言うだけの御様子です。

検査が治療に繋がるどころか、防疫(隔離)にすら繋がらないなら、そんな検査は、
精々個々人に精神的な防護を促すだけのものではないでしょうか?
0003 0002_20210409185901   

| | コメント (0)

コロナ、メディアの報道姿勢

かねてより思っていましたが、
 
 今のコロナの報道ぶりを見て、一層強く感じたことがあります。
 メディアの、興味本位の、悪意に満ちたとも言うべき問題の取り上げ方です。

 色々と言うより、殆どのようですが、

 森本総理の片言を取り上げた報道もまさにそうでした。
  
 近くは、緊急事態発令に関し、
 小池知事が黒岩知事を騙したという報道です。
 
 東京都は現状からして、発令を望む状態にあり、三県知事の協力を必要としたのでしょう、
 都知事は素直にそう言って協力を依頼すればいいと言えばその程度の話でしょう、
 
 言葉使いは個性です。
 調整段階での、都知事の言葉は、個性でしょう、謂わばお釈迦さまの言われる方便の範囲です。
 殊更、4知事の喧嘩と捉えた大袈裟な報道は意地悪でしかありません。

 今日は、
 山梨県知事の花見も、宴会もおやりなさいと言ったとかいう発言です。
 この発言をどう思うかと出演の皆さんに質問してました。
 
 記者とか言う方々、政府に迄質問したそうです。
 想像を絶する人種です。
 
 大体、皆さん、山梨にきちんと取材して、知事の発言の全体を知り、真意を伝えたと自信もって断言できますか?
 今の対策が、取り得る最善の対策であり、さらに厳しい自粛の必要はありませんと言う事のようでした。
 ならば、地方自治の範囲のことです、ニュースになるかさえ疑問です。
 
 取り上げるなら、その対策をこそ話題にすべきでしょう。
 片言を切り取って、さも不適切発言であるが如き報道は、世間をアジル犯罪です。
 幸い御出演の方々の良識は、「何故こんなこと私に聞くの」と言う反応のようでした。

 メディアは、せめて我が国非常時の時くらい、何のために何を、如何に報道すべきか?
 その程度の頭は使って頂きたい。

0004_20210315122201
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧