« コロナ、メディアの報道姿勢 | トップページ | デジタル化法案 »

4月9日羽鳥モーニングショウ(精神主義的検査万能論)

連日のコロナ放送。

何とも理解できないのは、 
 皆さん、一様に「(私がかねがね言ってる様に)政府は何もしない」と言う言い様です。
 
政府とは何でしょう?
 内閣、お役所、
 専門者会議は? 国会は?
 
 それぞれ機能も行動も違います。
 この人たちは、ホントに、それぞれ、何もしてないんですか?

貴方たちに見えないのは、只単に、貴方達の視野の範囲での考えと違ってるだけじゃないですか?

そして、その視野の範囲内でも、政府が間違っていて、貴方たちが正しいとする根拠は何でしょう?

ところで、(私がかねがね言ってる)という貴方がたは、一体何者でしょう?

国民の代表ですか?
事実を知らしめるとも言っておられるようです。
それとも、正義に燃えるオジサマ?

ついでですが、米軍の行動方針決定の手順は、
最終段階で、重ねて(目的に対する)適当性、実行可能性、(支払う努力比での)妥当性の評価が行われるそうです。

貴方方の提案は、もしかしたら わが国の現状に鑑み、
これらの評価に堪え得ないものではないかという思いは 爪の先ほども ありませんか?

 私には、精神主義的検査万能論は、適当性にすら値しないように思いますがーーー

 検査の続き「隔離」の必要性は認めておられるようですが、

現実は、防疫に無関係とは思えない医師会でさえ、「患者が多すぎて対応できない。感染者を少なくしてくれ!」
と言うだけの御様子です。

検査が治療に繋がるどころか、防疫(隔離)にすら繋がらないなら、そんな検査は、
精々個々人に精神的な防護を促すだけのものではないでしょうか?
0003 0002_20210409185901   

|

« コロナ、メディアの報道姿勢 | トップページ | デジタル化法案 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナ、メディアの報道姿勢 | トップページ | デジタル化法案 »