« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

コロナ、メディアの報道姿勢

かねてより思っていましたが、
 
 今のコロナの報道ぶりを見て、一層強く感じたことがあります。
 メディアの、興味本位の、悪意に満ちたとも言うべき問題の取り上げ方です。

 色々と言うより、殆どのようですが、

 森本総理の片言を取り上げた報道もまさにそうでした。
  
 近くは、緊急事態発令に関し、
 小池知事が黒岩知事を騙したという報道です。
 
 東京都は現状からして、発令を望む状態にあり、三県知事の協力を必要としたのでしょう、
 都知事は素直にそう言って協力を依頼すればいいと言えばその程度の話でしょう、
 
 言葉使いは個性です。
 調整段階での、都知事の言葉は、個性でしょう、謂わばお釈迦さまの言われる方便の範囲です。
 殊更、4知事の喧嘩と捉えた大袈裟な報道は意地悪でしかありません。

 今日は、
 山梨県知事の花見も、宴会もおやりなさいと言ったとかいう発言です。
 この発言をどう思うかと出演の皆さんに質問してました。
 
 記者とか言う方々、政府に迄質問したそうです。
 想像を絶する人種です。
 
 大体、皆さん、山梨にきちんと取材して、知事の発言の全体を知り、真意を伝えたと自信もって断言できますか?
 今の対策が、取り得る最善の対策であり、さらに厳しい自粛の必要はありませんと言う事のようでした。
 ならば、地方自治の範囲のことです、ニュースになるかさえ疑問です。
 
 取り上げるなら、その対策をこそ話題にすべきでしょう。
 片言を切り取って、さも不適切発言であるが如き報道は、世間をアジル犯罪です。
 幸い御出演の方々の良識は、「何故こんなこと私に聞くの」と言う反応のようでした。

 メディアは、せめて我が国非常時の時くらい、何のために何を、如何に報道すべきか?
 その程度の頭は使って頂きたい。

0004_20210315122201
 

| | コメント (0)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »