« コロナ戦争2 | トップページ | コロナ戦争④ペスト »

コロナ戦争3

橋下徹さん、
「政治は、財布のひもなど考えずに、補償すべし」と言われます。(今日の8CH)。
                                                                
私は、政治、経済素人ですが、
                                     
紐は考えなくとも、中味は良く見なければ、いけないようには思います。
                                                                        
中味ですが、
地方自治体には、個々に数百億、トータル7兆だそうですね、国は良く解りませんでした。
  
でも、一人10万で12兆、7兆とは実施べき補償も、金額も、スケールが違うように思います。
                                                                       
それに、補償と言われますが、何を補償し、いくら必要でしょう、
何よりも、その効果は?
                                                      
さらに、国が財布を空にするだけが唯一の対策なのか?
例えば、家賃の保障なら、家主さんも少しは我慢してあげられないか? とか
                                                     
巷では、赤字国債50兆、100兆と言った専門家の声も聴きます。
大昔、丹羽春樹先生の、政府紙幣50兆とかいう話もありました。
                                          
でも、何時、何の為、幾ら、それが良く解りません。
つまり、巷の評論家さんの間では、問題と対策が、未だ、繋がっていないように見えます。
                                                           
この辺りをはっきりして、その実行可能性を検討した後、
政権は、遂に、経済か死を選ぶことになると言う訳ですよね?
                 
ところで、政府は、今、未だ、巷の評論家が明らかに出来ない、
問題と対策に取り組みを実行しているように思いますが?
                         
そして、
遅いとか、足りないのは、
憲法前文を含め、
それが、人間の根性共々、日本式戦後民主主義の制度ナノダ、
               
そう理解しています。
0006 

|

« コロナ戦争2 | トップページ | コロナ戦争④ペスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロナ戦争2 | トップページ | コロナ戦争④ペスト »