« 6.25(木)フジ プライムニュース | トップページ | 安保法制衆院通過 »

7.4(土) NHK どうなる安保法制

7月4日(土)
NHKでもやってました。
どうする安保法制;党首討論。

今や、わが国に重要なことは、
如何なる事態に備え、
如何なる態勢を整えておくべきかと言う
国家安全保障の実質ではないでしょうか?

NHKの知恵の無さの所為もあるのでしょうが、
相も変らぬ、
憲法違反か?
自衛官のリスクは高まるか?

殆どの野党党首は、無知蒙昧、無責任な放言で、
情けないと言うか、腹立たしいと言うかーーー

国民の6割以上は理解していないと人の所為にしてみみせるが、
理解するために殆ど努力もしない輩など対象にすることは無いでしょう。

過去の歴史を見ればよく判る。

違憲自衛隊反対。
日米安保改訂反対。
PKO反対。
(田原総一郎さんの懺悔でした。
安保改訂反対だったが、後で気付けば、紛れなき「改正」だった)

憲法改正して堂々とやるべきと言いながら、
憲法改正には反対。
自衛隊は違憲だが、その存在は、今のところ認めざるを得ないと言いつつ、
ならば、失効状態にある憲法は-----?
「断固改正しない」
違憲の汚名を着せたまま、リスクが高まるも無いもんだ。
こんなフザケタ方々に、
今更、国の経営に参加する資格すらある筈もない。

その志位共産党首と---生活の党だったか、
自衛隊は、海外で
1発の弾丸も撃たず、
一人も殺さず、
一人も死んでいない。
これにより、わが国の善良さは国際的に評価され、
わが国の信用の根拠になっている。
と言います。

こう言う言い方は実に卑劣だし、
嘘っぽい話です。

信用の根拠は、
自衛隊の士気と規律と団結と任務遂行の誠実さでしょう?

それに、この言い方、
翻せば、
自衛官が、
1発でも弾を撃ち、
一人でも殺害し、
一人でも死ねば、
わが国の信用は地に堕ちると言っている訳です。

残念ながら、
軍人とは、
殺される危険を背負いつつ、
殺すことを究極の任務とする宿命にある人達だと思います。

この事に思いやることもない発言は、
何らの誠意も無く、
ただ、その使命を冒涜するだけです。

自衛官のリスクを、
良い子ぶって心配する振りをして、
その人達を貶めることはしないで頂きたい。

橋下さんも、まだリーダーシップがあるなら、
建てつけの悪い
追っつけ仕事の独自案なんぞ引っ込めるように指導された方が宜しいかとーーー

大体、個別的自衛権の範囲をチョコット広げたと仰いますが、
自衛権行使の三要件をどの様に訂正されるおつもりでしょう?
マサカ
三要件のギリギリの範囲で広げたなどと、
何処かで聞いたようなことを仰るおつもりはないしょう?

そこが、国際法的には集団的自衛権の場所だそうですよ!

お遊びは、
終り!

|

« 6.25(木)フジ プライムニュース | トップページ | 安保法制衆院通過 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7.4(土) NHK どうなる安保法制:

« 6.25(木)フジ プライムニュース | トップページ | 安保法制衆院通過 »