« グレイゾーン | トップページ | モーニングバード »

福井地裁原発判決

今日のモーニングバード、そもそも総研は
原発再稼働禁止判決でした。

TVアサヒは、
「生命、平穏な生活こそが国富であり、
これが侵害を防止するに、万が一の危険にも曝してはならない。
油代なんぞと言う経済活動と対比などもって他である。」
とは、麗しき哲学的み言葉だと随喜の涙の様子でした。

原発必要派の技術者は、
「地震地帯を走る新幹線の運行差し止め請求が提訴されたら、
裁判所は、それを認めざるを得ない論理だ」
と首を傾げていました。

例によってTVアサヒは、
新幹線と原発では事故の被害が違うと論理をすり替えていましたが、
(しかも、数十人ならよくて数万人は良くないと、本気で言うつもりなんですネ!
 これも二枚舌です。)
万が一の危険にも曝してはいけないといった、価値の絶対化は、
やはり宗教的原理主義だと思います。

現世の利害を調整する泥臭い裁判には不向きじゃないでしょうか?

と言う訳で、福井地裁判決全文を斜め読みして見ました。

確かに書いてありました。
「個人の生命、身体、精神及び生活に関連する利益、
 とりわけ生命、生活は人格権の本質的なものであって、
 差し止めによって受ける不利益の大きさとは比較できない。」

「万が一にも起きないようにする災害の安全性とは、
 ”一般人”が、
 事故の危険を”現実的なもの”と認識し、
 発生に怯えながら生活する必要のないもの」

そこで判決が怯える危険とは何か?
一所懸命悪い目で、悪い頭を振り絞って研究しましたところ、
要するに、放射能を振りまくことなんですね!

でも放射線は自然界に充満してるそうですし、
世の中には、殺傷破壊の為に準備してる人もいます。
現に我が国は2発も直撃を受けました。

そうなんです、
危険とは、放射能が拡散することによって発生する危険が問題なのです。

判決は、この辺りをどう判断したのか?
「十五万人が避難し、この間、入院患者が60人亡くなった。」

これを大したことないと言うつもりは毛頭ありません。
私など堪えられない苦痛でしょう。

しかし人の世には、もっと酷い不条理のあることは、
みんな承知している筈です。

経済活動も人間の様々な生活、つまり人格権なるものを支えています。
比較できない絶対の価値などを振り回すのは、
やはり幼児的に思います。

広島、長崎、原爆からの蘇り、
余り口の端に上りませんが、
この辺りは如何なものでしょう?

|

« グレイゾーン | トップページ | モーニングバード »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福井地裁原発判決:

« グレイゾーン | トップページ | モーニングバード »