« 坂戸若葉台130年ぶりの雪 | トップページ | 浅田真央選手のソチ »

集団的自衛権の「行使」

憲法の掟により集団的自衛権はあるが、「行使」出来ない。
現在の政府解釈だそうです。

国の安全保障に敏感な庶民にとっては、法匪的見解に思えます。
多分、当時の政情的解釈だったのだろうと思っています。

日米安保条約を締結した行為が、
既に、集団的自衛権の「行使」だと、私は思う訳です。

我が国は米国の為には戦わないから、
安保条約は個別的自衛権に基づくものだと言いたいようですが、
米軍が我が国防衛のために行動する状況を想像してみませんか?

日本人が、朝寝、朝酒、朝湯してる時に
米軍が戦争してる筈はないでしょう。

その時、わが国と米国の軍隊はどんな風に行動していると思います?

中学生なら、多分、想像できるでしょう。
それが集団的自衛権の「行使」です。

重箱の隅をいじるような法匪的議論で、
国を守るという実態は理解出来ないでしょうし、
安全保障の実効も担保出来る筈がないと思います。

それはそうと、
いつもながらの鳥越さん、
「これで、日本は戦争の出来る国になる」
???
今でも自衛のために戦争は出来るし、
その為に訓練もしているんですがーーーー
Bi_104Bi_105








「憲法解釈の責任は自分にある」と言う安陪総理の発言に
岡田さんばかりか、自民党の中にまで、
「憲法を変えなくても総理の決心で何でも出来ると言うのか!」
と言うクレームがあるようです。
短絡にして情緒的、
判ってるくせにセコイ.クレームですネ。

法治国では、
誰もが法解釈しながら暮らしているのです。
行政府は堅実かつ組織的に法解釈を行なっていることでしょう。
その最終責任が総理にあることは簡明な事実です。

その解釈を最終的に確定するのは、
残念ながら、国会では無くて、
争訟を原因として最高裁判所が行うのです。
国会は政情をバックに文句つけるだけです、
内閣不信任と言う例の奴。

大事なことは、
最高裁でも解釈を変更することがあると言う歴史的事実です。

変更する理由は「社会通念」だそうです。


●立憲主義を振り回す方に質問。

○行政は憲法解釈を変更してはならないと言う立憲主義とやらの法的根拠は?
○これ、よく考えると、行政は憲法解釈をしてはいけないことになりませんか?
 最初に解釈する人は偉すぎることになります。不公平。



●集団的自衛権の本質。

我が国防衛のために必要か否かと言うこと、
それに尽きます。

「アメリカの戦争に協同しなければならないことになる」
と心配する声も多いようです。

 自動参戦義務を条約上明記したとしても、
参戦の最終決意は我が国独自の判断とも言えますがーーー

しかし、
「米国の戦に巻き込まれる」
それが我が国の安全保障を頑固にするため必要なら、
  「已む無し」。

「米は尖閣の為軍事力行使に踏み切るか」
アメリカはそうすると言います。
でも時の状況でそうしなかったら?
その時、安保条約は壊れるだけです。
究極、集団的自衛とは、その覚悟が必要だと思います。

でも、それが嫌だと言う人は、
どうすべきかを言うべきです。

○独自防衛力を断固増強する。
  ABCD包囲網と4年間戦いましたがーーー
○侵略軍を、白旗で出迎える。何処かの大学教授でした。
○占領された後も、ゲリラを継続すると言う政党(ですぞ)もありました。
○侵略されないよう外交努力をする。
   戦争は外交の延長線上にあります。
 
   外交=話し合いと言うなら、
   例えば、拉致被害者を取り返すために、
   彼の国に、まず何と言うのか
   お教え願いたいものです。

自民と公明は議論を始めるそうです。

具体的事例を綿密に検討して、
「これは集団的自衛権だよね!」
「いや、個別的自衛権でしょう!」 
「警察権かもーーー」
と、遣りあうんでしょうか?

分かります?

|

« 坂戸若葉台130年ぶりの雪 | トップページ | 浅田真央選手のソチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の「行使」:

« 坂戸若葉台130年ぶりの雪 | トップページ | 浅田真央選手のソチ »