« 政治のプロ | トップページ | 西光寺 »

財政再建

今日(10月5日)のプライムニュース、「財政再建」

我が国の財政状況はギリシャ以上、
国民が苦い水を飲まねばならない状態にあることははっきりしているようです。

出演した、民主党藤田財務副大臣。
菅総理と国民負担率の極めて高い北欧に出張して、
認識したそうです。

何故国民は高負担を受け入れるか?
それは政治に信頼があるからである。
しかるが故に、国民に苦い事を言う前に、
先ず、政治が信頼を取り戻すことであるーーーと。

であるならば、
我が国の、財政再建は絶望でしょう。

政治に対する信頼度とは、
政治家に対する信頼度。

政治家に対する信頼度とは何か、
明快な信念と、それを断行する行動。
それだけ。

少なくとも、
先ず信頼を取り戻してから、苦い事を言おう等と言う政治家は、
箸にも棒にもかける訳には行かんでしょう。

わが身を切ってから、増税を言うと言うような輩も同断。

苦いことを強制する必要があるか。
増税が必要か。
そのことだけが重要。

それが必要なら、
わが身に構わず、断じて行うこと、
それこそが信頼の根幹でもあるのです。

大体、そんなことも分からない人物が、
我が身を削ることなどする筈はありません。

甘いことはよく言ってくれました。

が、
例えば、国会議員削減、
この2年間、舌先3寸乗せる議員はいたが、
指先一つ、動かした議員はいたか?

お役人の給与を削る法律は出したそうですが、
お役人は、我が身じゃないでしょう。

0005

|

« 政治のプロ | トップページ | 西光寺 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 財政再建:

« 政治のプロ | トップページ | 西光寺 »