« 使徒行伝 | トップページ | 勝呂神社茅の輪くぐり »

日本メルトスルー

粘り菅。菅降ろし。
それだけで、国中猥雑の極み。

巷は、
「菅だろうが、誰だろうが、どうでも良い。
 目の前の難問解決に、一致して当たれ!」と正論(?)。

しかし、この正論、重大な事実を見ていません。
敢えて言えば、自棄か、呆れの果ての他人言なのです。

巷の見ていない重大な事実、
それは、政治は人間のやるものと言う事実。
損も得も、
好きも嫌いも人の事。

菅総理の代わりがいるかどうか?
菅降ろしが正しいか誤りか?
その動機が誠実か醜悪か?
そんなこと、まるで無関係です。

兎も角、まず、政治は政治家が担う。
その政治家の多くが、
「無能で、嘘つきの男とは協働できない。」
と広言している現実、
それだけが真実なんですね。
(ついでながら、その政治家とやら、須く国民自身の写像。)

この事だけは、菅総理も、マスコミも国民も認識しておくべきです。

今、与野党多数の政治家の、
その声を聞く限り、
菅総理は、辞任に至る、
法の狭い道を、
虚言ですり抜け、
仮想の独裁政治に意気軒昂の様とする判決が、
世の正義と思います。

常識は、
菅総理の心中、察することも叶いませんが、

総理に椅子にしがみ付いて、
「あれもやりたい、此れもやりたい」と言っている事全て、
菅氏でなくとも出来るが、
「顔も見たくない菅」では、殆ど出来ないだろうことは相当確実でしょう。

追伸

それでも、尚、かつ、
椅子にしがみ付いてついて、離れないんですネ!

そこで熟慮しました。

総理一人が、「あれも、此れもやる」と言って、
出来る筈もない。

結局口動かすだけで、
「菅の顔も見たくない」人達が頼りの、
実に珍妙な猿芝居が続きます。

椅子にしがみついてるだけの木偶人形一体、
店晒しにしてしまうと言うのはどうでしょう?

自民は、政権党のつもりで、
所要の全法律作って、
公開し、
心ある与党議員と協働するも良し、
国会で成立させ、
国家経営の実質を取ると言う作戦です。

思えば、これ、
野党の企図する、大連合。
政治再編への道。

政治が、ホントに危機感持ってたら、
それくらいのこと簡単だと思いますがーーー。

110620_10450002
今年は、ニンニクの出来も変なんです。

|

« 使徒行伝 | トップページ | 勝呂神社茅の輪くぐり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本メルトスルー:

« 使徒行伝 | トップページ | 勝呂神社茅の輪くぐり »