« 靖国訴訟 | トップページ | 日本アカデミー賞 »

23年 坂戸神明神社 初詣

今年の初詣は、坂戸市関間の神明神社。
東上線若葉駅西口を右に、
住宅地の中に茂る木立の奥、
訪れる人も少ない、鄙びた小社ですが、
氏子の方々が、年の始めと、、日章旗を掲げ、
境内、社を清め、静謐で厳粛な世界を創っていました。

長い参詣道の先に鳥居、その先に拝殿、本殿。

両脇に境内社。
右の境内社は、川崎大明神の石塔でした。

ここは、春になると、満開の桜の中で、
しんしんと静まりかえるのです。

0011 0001 0003 0005 0004 0009

境内社
0006 0008

参道脇の古木の桜
0012

皆様、今年もお健やかに、
ご多幸を祈ります。

春には、境内一杯の桜。
0001 0003 0008

坂戸市あたりの神仏、約八十社は、
左下方のアルバム集の中に、
ご参考にどうぞ。

|

« 靖国訴訟 | トップページ | 日本アカデミー賞 »

信心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 23年 坂戸神明神社 初詣:

« 靖国訴訟 | トップページ | 日本アカデミー賞 »