« 靖国22年秋の例大祭 | トップページ | 自衛隊入間基地問題 »

ビデオ流出

国際社会に対する素朴さと言うべきか、子供っぽさと言うべきか。
成熟した大人の常識では、図り難いお笑い草でした。

ビデオが流出したと言って、
某国は「関心と憂慮」と言い、
他国は、これを抗議ではないと胸なでおろし。
どうなっているんでしょう?

そもそも、確固として存在する事実です、
顕れるのが当たり前、隠蔽される必要がどこかにありました?
苛めっ子のゴリ押し?

腰抜け政府のおかげで、
控え目に、控えめに行動することを承知の上で、
鞭うち症にも成らぬ程度に、コチンと当て逃げしたケチな御仁を、
国の英雄なぞと持ち上げるお国柄も、可なり情け無いとは思います。
しかも、その程度の反日とやらを、
全て「日本の誠意」におっ被せなきゃ済まない自称中華とは、一体何様なんでしょう?

「ビデオでは日本の違法性を覆い隠せない」と、
何を言ってるかも判らない発言は、外務省報道局のお偉いさんだとか。

全く反抗期のお子様の遠吠えじゃないですか。

家庭内暴力に精魂尽き果てた様な民主政権も、お話になりませんが、

子供の世界で通用するものは、
皆さん、
何だと思われます?

Pb030633tml

ビデオ公開について、
内閣総理大臣は、終始、「検討中」であった筈だ。
何時の間に「国家機密」になった?
流出した途端、公務員の守秘義務違反で刑事捜査とは、
流石、無言実行内閣、素早い!
尤も、法務大臣は、
「検察が、法に従い、粛々と実行しておるところであり、我、関心もなし。」
とか言ってるだろうがーーーー。

ところで、前原大臣は、
破損した漁船、巡視艇の映像を背景に、
「海保撮影のビデオによれば、中国船の故意による衝突である事は、明らかであります。」と、
メディアに公言されていました。
you tubeに流れた映像は、
「あれ、衝突ーーー?」
恐る恐る擦りつけた程のもの。
大臣発言のインパクトの足元にも及ばぬ代物。

ビデオ流出が、機密漏洩なら、
前原大臣だけ、どうして、正義の人?

隗より始めよ。

さてさて、
法曹界を含めて巷の結論は、
●ビデオは守秘すべき機密には該当せず、守秘義務違反の刑事責任は問えない。
●職務上の命令服従義務違反は、明らかであり、行政上の懲戒を科すべき。
と言う事のようだ。

行政罰と刑罰の効果は違うが、悪事を働いたという点では同断、
この結論に矛盾は無いだろうか?

今は昔、命令に従った兵士たちは、戦争犯罪人として処刑された。
服従の義務は、”適法な“命令に服従する義務であり、
”不当な命令に服従しない義務”違反は罰せられると言う事であった。
そして、このことの重要な事は、正当か否かは、
個人の判断に依らざるを得ない点にある。

上記結論の問題点は、この法的観念を受け入れるか否かにある。
若し、受け入れるならば、
問題は、海保官の違背した命令は適法かと言う1点のみに収斂する。
そして、不当な命令ならば、刑罰に該当しないが行政罰なら良いと言う理屈にもならない。

この命令とは、10月中旬に至って突如馬淵大臣が決定した
「ビデオは、(国家機密)として厳重に保護せよ」と言うものであると理解する。
つまり、ビデオが機密でなければこの命令は適法とは言えない事になる。
適法でなければ、服従しない義務こそあれ、服従の義務等ありようがない。

法曹界は、既に「機密に非ず」としたと思うが、
庶民感覚からしても、あのビデオの何が機密なのか?
海と空の映像?
中国船航行の映像?
機密と言うなら、中国船が、故意に、巡視艇に衝突して来た事実のみが機密であろう。
この事は、当初、前原大臣により、明らかにされた。
後出しのビデオの映像が、事の最初に行われた大臣の発言より重い訳もない。
この時以降、既に機密ならず、世界に明らかにされた事実以外の何物でもない。

世には、ビデオは、重い秘密ではないが、極軽い秘密ではあると言う言い方もあるようだ。
が、軽くても何故に秘密なのかを明らかにせず、処罰できるとなれば、法治主義は消滅しよう。

原口元大臣が、メディアで、
「行政も、誤る」事を前提に、
公務員の内部告発を推奨する法律を検討中と発言された。
出演の識者の方々からも異論はなし。
国民の知る権利とか言う幻影を信じて、世論もこの方向に向かうだろうか?

しかし、
「公務員としてのルールを破った事は反省する」と言う、
当該海保官や、多くの庶民の感覚の方が正しい。

君、君たらずとも、臣、臣たれ!
この事を臣下のゆるがす事の出来ない掟としなければ、
とりわけ、軍とか、警察、海保の如き武士の組織は成立しない。

しかしこの言葉の本質は、
君、君たれ!と厳しく統治者に迫る反語と理解しなければ、
君、君たらずば、国成らず!なのだ。
つまり切腹を覚悟で主君の非を鳴らされたからには、
主君の命令の適当性、妥当性は徹底的に明らかにされなければならない。
色々な事情で機密なのです等と言う、軽い言葉は通用しない。

翻って、わが国の安全保障に関しては、
この手の不真面目な命令が多い。
周辺事態法、テロ特法然り。
組織行動にしか意味のない自衛官の武器使用は、
任務遂行の命令を排除され、隊員個人に責任を負わせる。
曰く、
正当防衛、緊急避難にあらざれば、他を傷害すべからず。

こんな、根本をいい加減にした法体制のもと、
国家公務員の内部告発法とやら成立の暁には、

先ず、国防の世界から、超法規的告発行為を起こすべし。

|

« 靖国22年秋の例大祭 | トップページ | 自衛隊入間基地問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビデオ流出:

« 靖国22年秋の例大祭 | トップページ | 自衛隊入間基地問題 »