« 中武蔵七十二薬師めぐり | トップページ | おいらん道中 »

消費税

財政を健全化するため消費税必須論が経済学会でも主流の様です。

国民の純金融資産1100兆、
2~3年後に、国債残高はこれを超える、
国内で国債を消化することは不可能となり、
海外に借財を依存せざるを得なくなり、金利上昇、国債償還極めて困難。
だから、消費税を導入せざるを得ない。
と云う事の様です。

しかし、単純ですが大きな疑問があります。
経済学部ではありませんから、庶民の生活実感です。

国債は買えなくなるのに、何故消費税が払えるのか?

つまり、郵便局が庶民の貯金から国債を買うのか、庶民が預金下ろして消費税を払うのかの2択問題でしょう?

つい先ごろ菅さんが「消費税も使い方によっては景気を良くする」と言ってました。
この人、財務大臣ですよね?
前政権が作ったと言うだけの理由で、緊急景気対策の補正執行を店晒して、
景気を足止めしたお方が今頃何をと思う訳ですが、
使い方こそがポイントだと思います。

国が栄え、国民が富んでなければ、
国債か消費税かと言う事は財政再建の可能性を証明しない。
いや、財政再建さえ、実は問題の基本ではない。
行政の無駄を省いた後でなければ理解が得られないと云った方法論等末節のお話です。

問題は、
財政は、如何にして国を富ますか?

今迄の行政システムの無駄を仕分けするのも良いでしょう、
鬼が出るか蛇が出るかやれば良い。
(でも、真っ先に、国会議員の削減と言うマニュフェストとやらを実行して下さい)
つまり、最大の問題は、地道に恒常的に行うべき行政の無駄廃止と言う政治の義務を、
大仰な見世物にする程度でしかない、政治家の無能なのです。

ところで、新たな政策として始めた、恒久的な家計への無差別現金給付、
子供手当とか農家所得保障、
サプライサイドからデマンドサイドへは、如何でしょう?
無資源国日本に於いても、この命題に答える最適解か?
その事を明確にすべきです。

国債を発行して支給した子供手当が国債購入に回っては冗談にもなりません。
公益法人のお偉いさんが高給とって、使いまくって呉れたほうが、まだマシかも知れないと思う訳です。

財政は何をなすべきか?
人気取りのバラマキを思いつく前に、
緻密で奥行と幅のある検討を真剣に行って下さい。
識者と言われる人達も、簡単に成長戦略等と言わずに、
庶民が安堵できる具体的なお話をして頂きたい。

関連事項です。
政権交代によって、はっきりと見えてきた事があります。
悲しい事ですが、職業政治家と言う人達が、
老いも若きも男も女も、
この国の中でも品位、識見においても、誇るに足る人材では無かった言うことです。

例えば政権党。
鳩山、小沢、菅、平野、山岡氏等、口先ばかりで、とても国家を経営していると言う責任感は窺えません。
若手と言われる人達、野党時代は、頼りありげでした、
前原、原口、長妻、ほかにも副大臣として顔を見せる人達、
今はどうでしょう?
私には、ケチを付けることと、言い訳は上手でしたが、
一人の政治家としての信念を貫いている様には見えないのです。

蓮舫女史は、浅田真央選手の”努力”に対して、平気で言い放つ人だと思います。
「なぜ金でなければいけないか?」

先日、川内博史と言う議員が、自民平議員と議論してました。
普天間、
「前政権は、18000人を8000人に削減すると言ってたが、
18000人などいない事が最近分かった。
こんな杜撰な前提で計画された結論を引き継げるはずがない。」

今判るその昔から、「国外、少なくとも県外」と言ってたことも馬鹿にした話ですが、
この方のお粗末さは、
今後とも残留すべき8000人にのみ意味があることを考えようともしない、安全保障の疎さです。
削減前の兵員数が12000であろうが、10000であろうが、よしそれが4000であっても、
8000を維持することが安全保障上必要か否かと言う戦略的判断が要点でしょう?
誰かに尻を持ってくやり方も本質を外したら、政治家失格です。
平議員は「どうせ誰かの責任にするんだろう」と、呆れてソッポ向いてましたけど。
鳥越とやら言う物知らずの方、日本中で米軍基地受け入れに反対するのは国民の意志であるにつき、、鳩山政権は、少なくとも普天間基地は日本から蒸発させるようオバマさんに言えと言ってました。
ツラツラと鳩山語録を分析するに、
もしかしたら、民主はその心算かも知れません。
反対運動を煽りに煽った挙句、
「これが日本国民の総意である!」
と言う訳です。
そして、これが危機的状況になると認識できる人たちは、
多分、そんなに多くないでしょう。
尖閣が無くなっても、そのうち沖縄が日本から消えても、
子供手当貰えば良いヤ!

自民党。
若手と言われて、騒いでいる人達にこの国を任せられますでしょうか?
河野太郎、山本一太、その他?
執行部代えろとか、
若返りとか、
派閥解消とか、
言ってる事が年寄り臭いのです。
つまり、選挙で生き残る事だけ。
人気投票NO1とか、舛添要一氏。
彼のDNAは多分、鳩山君と略々類似と見てます。
この国の為何をやるつもりか判らないが、スポットライトを浴び続けたい。
このお方達、おろし金ほどの役にも立たないくせに、
福田降ろし、麻生降ろし、谷垣降ろしと、降ろしの年中行事、
御自身の影を少し見てみなされ。

小池百合子女史、前の防衛大臣、今は自民党の広報部長ですか、
徳之島基地反対運動の先頭で
「徳之島に基地はいりません」と金切り声をあげてました。
自民の安全保障政策は、社民、共産と共同歩調となった様です。

「信は、これ義の本なり」
大昔の憲法第9条です。
官僚叩きに終始する「みんなの党」も、角を矯めて牛を殺す、過ぎたるは及ばざるが如し。
国を潰します。
政治家が官僚より誠実で、有能な人間である事は、決してない。
少なくともこの前提は忘れないで頂きたい。
たった一人の外国人が、外国に住む外国人の子供550人と養子縁組したうえで、子供手当1年分8500万円も請求してくるような法律を平気で作るのが、政治家と言う輩の現実の姿です。

と言う具合で、政権交代は、すべからく職業政治家と言う方々の胡散臭さを際立たせました。
私は、功なり名遂げた経験者の、謂わば元老の無償奉仕的制度と、
有能な人材で作り上げたスペシャリスト集団;恒久的な官僚組織を、
どこかで重視すべきでは無いかと愚考するに至りました。

このままでは日本が壊れると言って立ち上がった
「立ち上がれ日本党」と「日本創新党」数集めで間違えなければ、
希望があるかも知れません。
創新党;痩せる思いで頑張ろう。党名も良いと思います。

|

« 中武蔵七十二薬師めぐり | トップページ | おいらん道中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費税:

« 中武蔵七十二薬師めぐり | トップページ | おいらん道中 »