« 靖国神社創立140年祭 | トップページ | 鶴ヶ島で邦楽を楽しむ会第16回演奏会 »

鳩山総理所信表明

27日、首相所信表明。
鳩山平成維新のその1
国家体制の変革。
友愛の絆に結ばれた、金太郎飴ではない特色ある地域市民社会、
国は対等の立場で地域と話し合う地域主権国家。
これが平成無血維新の大黒柱と言われても、想像力の乏しい庶民には、
明治維新を通り越して封建の世に帰るようなイメージしか浮かびませんでした。
まさに革命です。

一方、鎖国ならぬ、開かれた海洋国家たらんとする我が国の国家としての主張は、
東洋と西洋、先進国と途上国、多様な文明の架け橋になる。
(私には、極めて奢り高い、宗教教主的発想に思えます。)

緊密で対等な日米同盟をベースにした、日本周辺のアジア地域の平和と友好と云ったものですが、

私の頭を悩ませるのは、地域主権主義と関連し、
国家とは?
つまり国家の「責務」と「権限」が何なのか、まるで解らないことでした。

瑣事ですが、
地域主権と並ぶもう一つの維新が、「官僚依存から国民へ大政奉還」とは、
事務次官会議の廃止、官僚の国会登城禁止、官僚作業を切り捲る査定大臣、更には郵政社長に元エリート官僚では、
如何にも詭弁だけが踊る大仰さです。
やはり頭の悪い庶民には、一国の首相のお言葉ともなると、
所詮豚に真珠なのでしょうか?

28日、TV朝日
代表質問に対する総理のお答を見て、またビックリ。
100兆近いバラマキ予算と財政規律を指摘されると、
「補正を含め、102兆の予算を組んだのは、どの政権だ」
普天間について、首相、外務、防衛の閣内不一致が日米関係の悪化を招く に対しては、
「10年以上も結論を出せなかったのは誰だ」
国家ヴィジョンを示せと言われると
「あなたに言われたくない」だとーーー。

これが、国民(の代表者)に対する真摯な答えと言えますか?
TV朝日は、「天につばを吐く質問とブーメラン回答」と自民を揶揄してたようですが、
本当にそんなことで良いですか?
お前達も同じじゃないかと言う程度なら、
政権交代なんか必要なかった。

|

« 靖国神社創立140年祭 | トップページ | 鶴ヶ島で邦楽を楽しむ会第16回演奏会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山総理所信表明:

« 靖国神社創立140年祭 | トップページ | 鶴ヶ島で邦楽を楽しむ会第16回演奏会 »