« 竹深舎ゆかた会21 | トップページ | 内需拡大 »

子供手当

子供手当は財源問題と言われますが、私はそうは思いません。
子供手当とは、この国において、何を目的とする方策なのか?

その目的が明らかにされた後、次の証明が必要です。
①子供手当は、その目的達成のため、最適の方策なのか?

②次に、実行可能性;財源でしょうか。
 無駄を見つけ、無駄が見つからなければ、ゴメンナサイと下野すると云うのでは、まるで実行可能性を検討したとは言えません。
無駄を見つけられなければ、現在執行中の「この」政策を中止すると具体的に示さねばなりません。
共産党のように、防衛費を削減するのもありましょう。
老人から子供達へと云うのもあるかも知れません。
増税、借金でも良しとしましょう。

③そこでもう一つの問題です。
前項で中止した政策に伴う不利益、問題点と比較考量のうえ、尚、子供手当妥当なりとする証明。

ところで、子供手当の目的からして、私には良く解りません。
内需拡大とも云います。
岡田さんは、人口増による内需拡大であるとの発言でした。
経済音痴のカミサンも、さすが「エッ?」と絶句しましたがーーー。

内需拡大が目的と云うなら、適当性の判定段階で落第でしょう。
なぜ子供なのかも不明ですし、
12,000円の給付金が貯蓄に回ると反対されましたが、26,000円の子供手当がなぜ貯蓄に回らないのかも証明不能です。
そんなことなら、子供手当の財源にするという無駄遣い方が、内儒拡大に余程役立つと言うもんでしょう。

もし、子供を大切に、子供格差の是正と云うなら、なぜ現金なのか、なぜ所得格差も無い無制限なのか?
せめて、税制財政の基本機能、所得の再配分くらいには配慮すべきです。

兎も角、国から何の苦労もなく頂戴した現金を使うことによって、何かを達成するような社会の未来がバラ色とは、到底考えられないのです。
個々の家計への現金給付は、緊急時の財政出動か、弱者救済の社会保障に限定すべきでしょう。

それにしても、民主党さんの、あれこれ合わせて16兆とか、80万円の家計から16万円ひねり出すような桁違いには目を剝きます。

0001 0002 0003 0004

|

« 竹深舎ゆかた会21 | トップページ | 内需拡大 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供手当:

« 竹深舎ゆかた会21 | トップページ | 内需拡大 »