« 麻生総理の郵政民営化 | トップページ | すみよしの里河津桜開花 »

2,26国会討論

国会中継を見るたび、腹立つばかりで、元気が萎える。
国会には、協力とか協働と言う言葉はないらしい。

民主細野議員。
GDP;マイナス一桁の諸外国に比べ12%の減。
株価も、主犯の米より落ち込みが激しい。
でもこの責任、私は、補正執行を阻止し続ける単なる抵抗勢力民主党にあると思っている。
定額給付金は、知恵のない施策かも知れないが、
無い知恵の実行を何時までも、ダラダラ非難し続けて遅らせるほうがズット罪深かった。

100年に一度の危機に出せる人間の知恵など知れてる。
景気は風だ。
浅知恵でも、政治のスピードが有効だった。

前原議員の武器輸出三原則見直しにまで触れた外交防衛論。
議員の持論であると信じるが、
それさえも、選挙に勝つことを唯一最大の目標とする民主党の、保守勢力への媚に見えてしまう。

「政治」不信は、御蔭様で、永田町で考えてる以上なのだ。

今は国の危機。
昔堅気には、苦々しい風評で今尚、ブログを賑わしている細野議員に、他人の職責に対し立派な口を聞いてほしくない気がするが、
「憲政の常道に従って、行き詰まった自民政権は、民主に政権を譲れ」とは、己をよく反芻してからにしてほしい。

外交防衛に性根なし。、
100年に一度の危機と言う財政にも纏まった知恵を示さず、
参院の数を頼りに、対決だけで政権にケチをつけ、
お役人をぶっ潰す。

そう言うだけの政党が政権を取ったら、一体何が起こるか。
寒気がするのは私だけか?

何故か今日は、2,26。

|

« 麻生総理の郵政民営化 | トップページ | すみよしの里河津桜開花 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2,26国会討論:

« 麻生総理の郵政民営化 | トップページ | すみよしの里河津桜開花 »