« 坂戸のしだれ桜 | トップページ | 伊勢神宮参詣ツアー »

坂戸市辺りの神仏巡り

坂戸市を中心に神社、寺院巡りは、各々40社ほどで略完了です。

神社で多かったのは、建御雷神に追われて諏訪まで逃げた大国主命の子、建御名方神を祀る諏訪神社。

天孫降臨を迎えた猿田毘古神を祀る白髭神社。

記紀には姿もない白山媛(菊理媛;くくりひめ)を祀る白山神社、もっとも川越市小堤の白山神社にはイザナギ、イザナミも祀るとありました。

天照大神の神明神社、須佐之男命の氷川神社は、武蔵野の林の中に寂しげに各1社だけと言うのは意外でした。境内社としては幾つかあります。

坂戸辺りの神々は、煌めく主役でなく、神話を支える脇役が主流?

一般的な、八幡神社や稲荷神社は、各所に散在です。
八幡神社の御祭神は、応神天皇、その母君の神功皇后。

お稲荷さんは、次の御三神のようです。
弟分?須佐之男命に殺された大気都比売神(オオゲツヒメ)。
須佐之男命の子、宇迦之御魂神(ウカノミタマ)。
イザナミの尿から成った和久産巣日神(ワクムスビ)の子、豊宇気毘売神(トヨウケビメ)。
ものの本に依ると、もう1神、保食神(ウケモチ)がありますが、坂戸飯盛神社由来にはトヨウケノカミ=ウケモチノカミと書いてありました。

日本書紀では、ウケモチノカミは、須佐之男命の兄?月読命(ツクヨミノミコト)に殺されたそうです。
殺されたのは、変な所から食べ物を出したからです。

坂戸堀込に、金山神社がありました。
イザナミは大気都比売神の次に、火の神、火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)を産んで、みほとに火傷を負われ、病み臥せって、嘔吐されます。
その「たぐり」より成りし神は、金山毘古神、金山毘売神ですが、金山神社の御祭神もこの2神では?

神社を巡って、神官の常在は無く、氏子も頼りなげな、鄙び、古びた社が多く、氏神信仰も次第に廃れるかと感無量でした。

お寺さんについては、
さすが、弘法大師の真言宗が最多で18。お友達?の、最澄;天台宗は、坂戸市横沼の勝光寺、周辺の東松山早俣;光明寺、鶴ヶ島太田ヶ谷;満福寺。

道元師;曹洞宗も多く、8院。栄西の臨済宗は、坂戸島田に東蔵寺のみ。

日蓮宗は、坂戸片柳の休臺寺、鶴ヶ島下広谷の本応寺、東松山田木の妙安寺。

法然浄土宗は坂戸堀込の三福寺、但しご本尊が、阿弥陀如来ならぬ薬師如来であるところが不思議。

親鸞上人の浄土真宗が無いのも不思議。

坂戸北大塚の真言宗全徳寺、片柳の日蓮宗休臺寺の境内内に稲荷神社が祀られ、
塚越の曹洞宗西光寺墓地には、金子稲荷観音と言う名の観音さまが、おあします。
神仏習合の名残と言うより、我が国信心の大らかさでしょうか、何れ世界の宗教界を融和することになるかも知れません。

変わったところでは、台湾の信者が建立した、道教;聖天宮。坂戸塚越。

辺巡った神仏81社、300枚余の写真は、アルバム「坂戸市辺りの神々」
に雑然とアップ。
概ね地域別です。お暇な方は、自転車旅行でもしながら、日本人の信心を確かめてネ。

|

« 坂戸のしだれ桜 | トップページ | 伊勢神宮参詣ツアー »

信心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坂戸市辺りの神仏巡り:

« 坂戸のしだれ桜 | トップページ | 伊勢神宮参詣ツアー »